健康や美容に良い成分をとって体の内側からキレイになりましょう

野菜が味方

手軽に飲めてダイエットにも有効

グリーンスムージーとは、生の野菜と果物を材料とした飲み物のことです。作り方は単純で、選んだ材料を水や牛乳などと一緒に、ミキサーで混ぜるだけです。 生の野菜と果物とを使うので、摂取できる栄養分は、それらを単体で食べた場合と変わりません。つまりサラダやデザートを食べた場合と同じ栄養分を摂取できるのです。それでいて飲むだけなので、食べるより時間がかかりません。食べやすい大きさにカットしたり盛り付けたりする手間もかかりません。 たっぷりと栄養分を摂取でき、なおかつ簡単に作ることができるため、忙しい朝などにグリーンスムージーを朝食代わりにする人は多くいます。もとが野菜と果物ですから、摂取カロリーが少なく、ダイエットにも適しています。

よりヘルシーにするために

グリーンスムージーは、野菜と果物なら何でも使うことができます。しかし野菜より果物の方が糖分が多いため、果物を多く使いすぎると、摂取カロリーがやや多くなってしまいます。また、混ぜる液体に牛乳や炭酸ジュースなどを選んだ場合も、摂取カロリーのやや多い飲み物となります。 そのため昨今では、よりヘルシーでより高いダイエット効果が期待できる飲み物にするために、野菜の割合を多くしたり、ヨーグルトや豆乳を混ぜたりする人も増えてきています。また、粉末タイプのグリーンスムージーも販売されるようになり、それを利用する人も多くなっています。溶かして飲むだけなのでさらに手軽ですし、最初から非常に低カロリーに作られているので、摂取カロリーを考えながら材料や液体を選ぶ必要もないのです。